コロニアル屋根張替えリフォーム

何度かブログでご紹介した富谷市にお住まいのお客様より母家の屋根張替えリフォームのご依頼を頂いたので記事にしたいと思います。

母家の既存の屋根材がコロニアルの屋根で、経年劣化によりだいぶ老けて来ていました。

既存のコロニアル屋根がこちらです。

屋根張替えリフォーム前の傷んだコロニアル屋根

リフォーム前の傷んだコロニアル屋根

遠目からでもわかるくらい劣化していて、割れ・ヒビなども多く、このままにして置くと雨水が入り込み、屋根板がダメになる可能性が高い状態でした。

まず既存の傷んだコロニアルを剥がします。

屋根張替えリフォーム前の傷んだコロニアル屋根

屋根張替えリフォーム中の既存屋根材を剥がし屋根板が見えている状態

コロニアル屋根とその下の黒い防水シートを剥がしてみると、屋根板は部分的に傷んでいる箇所はありましたが、全体的には良い状態でした。

屋根板の傷んだ箇所は合板に張替え、新しい防水シート(アスファルトルーフィング)を敷いて行きます。

新しく敷いたアスファルトルーフィングでは厚みや防水性、耐久性が既存の防水シート(油紙)では格段に違います。

新しく張り替える屋根材はガルバリウム鋼板のトタン屋根です。ガルバリウム鋼板は従来の亜鉛トタンよりサビに強く、軽いし、耐久年数は亜鉛トタンの倍以上です。

今日ご紹介するのはここまでにいたします。次回も進行状況を記事にしていきたいと思います。

#屋根リフォーム #ガルバリウム #亜鉛トタン #屋根のリフォーム #トタン #コロニアル #トタン屋根 #コロニアル屋根 #屋根 #屋根張替え

特集記事
記事一覧
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square